ご予約はこちら

ふじもとクリニック

  • 〒814-0012 福岡市早良区昭代3丁目5-20
  • 092-407-0970

ブログ

Blog

ふじもとクリニック

ADHDなどの発達障害とオーソモレキュラー栄養療法

 

ADHDなどの発達障害は、

 

ドーパミンやノルアドレナリンという脳の伝達物質の不安定さ

 

が関与してると考えられています。

 

 

 

現在、ADHDに対して保険適応となっている内服薬は、

 

主に、ドーパミンやノルアドレナリンといった伝達物質の効果を

 

脳内で増強させることを狙っています。

 

 

 

しかし、オーソモレキュラー栄養療法では、別のアプローチにて治療をおこないます。

 

 

 

下の図のように、ドーパミンやノルアドレナリンは、蛋白質からできています。

 

 

 

大前提として、摂取する蛋白質の量が少なければ、ドーパミンやノルアドレナリン

 

は十分量にはなりません。

 

 

 

では、ただ単に蛋白質を摂取すれば、問題解決になるのでしょうか。

 

 

 

ドーパミンやノルアドレナリンは、

 

体内にあるビタミンB群や鉄の働きの手助けがあってつくられます。

 

 

 

つまり、蛋白質やビタミンB群、鉄が体内に十分な量がなければ、

 

ドーパミンやノルアドレナリンはつくれないということになります。

 

 

 

そのため、まずは血液検査を行って、体内の蛋白質やビタミンB群、鉄の量を確認します。

 

 

 

ADHDなどの発達障害があって、体内のビタミンB群や鉄の量が少なければ、

 

良質で吸収率の高いビタミンB群や鉄をサプリメントで摂取すれば、

 

ドーパミンやノルアドレナリンの量を増やすことが期待できます。

 

 

 

 

※当院では、一般診療は2階で行っておりますが、3階にも第2診察室があります。

 

ご希望の方は、そちらで診察・採血をおこなうことも可能です。

 

どうぞお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

pagetop

© FUJIMOTO CLINIC