ご予約はこちら

ふじもとクリニック

  • 〒814-0012 福岡市早良区昭代3丁目5-20
  • 092-407-0970
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会認定 実施施設

日帰り手術

Operation

ふじもとクリニック

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは、太ももの内側や、膝のうらの浅い部分を走っている静脈の弁が壊れて、本来であれば一方通行に流れていた血液が逆流をおこし、血液のうっ滞を引き起こしてしまっている状態です。

老廃物などを多く含んだ血液が心臓に戻らず、足にたまったままの状態になるので、足がむくんでだるいと感じたり、足がつったり、かゆいという症状が出現します。夜間寝ている間に足がつることもあります。
そのまま放っておけば、静脈が膨らんで瘤として目立ってきたり、足の色が黒ずんだり、湿疹や潰瘍を伴うこともあります。

足の瘤そのものの治療を希望されて、受診される方が多くいらっしゃいます。

しかし、足の瘤は、むしろ「結果」ですので、治療しなければならないのは、瘤そのものではなくて、「原因」となっている、弁が悪くて逆流をおこしている静脈です。
(逆流している静脈の状況によっては、瘤そのものの治療が必要になることもあります。)

逆流を起こしている静脈がなくなれば、結果である足の瘤はだんだん縮小していきます。

静脈の弁がうまく働かず、血液が逆流することが原因ですので、内服薬で治すことはできず、自然と改善することはありません。

下肢静脈瘤の発生

原因となっている静脈が、主に、大伏在静脈・小伏在静脈の場合に血管内焼灼術の適応になります。日本静脈学会の「下肢静脈瘤に対する血管内治療ガイドライン」に則り、当院では、治療を行います。

下肢静脈瘤の発生
年齢
加齢により静脈瘤は増加します。
男性は40~50歳代、女性は20~30歳代が多いようです。
性別・妊娠
女性の方が多く、妊娠・出産の影響をうけます。
職業
飲食業・美容業・製造業・警察官など、長時間立ち仕事の方が多いようです。
遺伝
遺伝的素因も疑われます。

検査方法

超音波検査を用いて、簡単に診断が可能です。痛みは伴いません。
立ったままの状態で、太ももの内側(大伏在静脈)、膝のうら(小伏在静脈)の血管に逆流がないかを調べます。10分程度も検査がです。

治療方法

下肢静脈瘤に対しては、大きく2つの治療方法があります。

弾性ストッキングによる圧迫療法

適切な弾性ストッキングをはくことで、足にたまった血液を下から上へ押し上げ、また、浅い場所から深い場所へ導くことで、症状の改善をはかります。

しかし、弾性ストッキングを脱いでしまえば、効果はなくなります。また、ストッキングにより、皮膚がかゆくなったり、かぶれたりすることもあります。

下肢静脈瘤が認められ、弾性ストッキングをはくことで改善する症状は、下肢静脈瘤が原因と考えられます。逆に、弾性ストッキングをはいても症状が残っている場合には、下肢静脈瘤以外の原因が疑われます。
手術を受ける前に、まずは、弾性ストッキングをはいて経過をみるというのも、一つの選択肢です。
ただし、弾性ストッキングをはくことは、根本的に治す治療ではなく、あくまでも症状の改善を図るための保存的治療になります。

血管内治療
 高周波(ラジオ波)レーザー
保険適用
術後の痛み少ない少ない
皮下出血少ない少ない

2014年に、波長1470nmレーザー治療とラジオ波(高周波)治療が保険適用となっています。
従来より、波長980nmレーザー治療は、保険適用となっておりましたが、疼痛や皮下出血が起こりやすいという問題がありました。
波長1470nmレーザー治療とラジオ波(高周波)治療は、波長980nmレーザー治療と比較して、上記のように疼痛や皮下出血の頻度が減少しています。

波長1470nmレーザー治療とラジオ波(高周波)治療

逆流している血管を焼きつぶし、足にたまっていた血液を、他の正常な静脈へと促すことで、足から心臓まで正しく流れるように、正常な状態に近づけます。 そうすることで、滞っていた血液が正常な流れに戻るので、症状が改善され、足の瘤も徐々に減少していきます。

現在、認可されていないレーザー治療をあえて選択する理由はありません。

当院では、波長1470nmレーザー治療とラジオ波(高周波)治療の2つの治療を保険適用でお受けいただけます。

下肢静脈瘤に対する日帰り手術Q&A

入院になるのですか?
当院では入院設備はありません。
日帰り外来手術です。入院にはなりませんので、入院料や日帰り手術に加算される料金(短期滞在手術等基本料)もかかりません。
波長1470nmレーザー治療とラジオ波(高周波)治療の違いは?
ほぼ同等の効果の効果といわれています。術後の痛みや、皮下出血に対しては、従来の波長980nmレーザーに比較すると、非常に優れています。
血をサラサラにする薬を飲んでいますが、この治療はうけられますか?
抗血小板剤や抗凝固剤を服薬していても、レーザー治療・ラジオ波(高周波)治療は受けられます。
麻酔は全身麻酔ですか?おしっこの管は?
点滴より、全身麻酔の薬を持続的に投与し、眠った状態で手術を受けていただきます。おしっこの管も原則として、いれません。
手術がおわったら、すぐ帰れるのですか?
手術が終了したら、意識状態がはっきりするまでは、専用の個室でくつろいでいただきます。一般的に2時間程度必要です。付き添いの方も一緒にご利用いただけます。
初診日に、手術は受けられますか?
事前に、メールでご相談いただければ対応は可能です。受診にあたっての注意事項などは連絡させていただきます。ただし、手術が必要かどうかの判断は、診察後に最終決定となります。
初診日に手術予定の方は、朝10時までの受診が必要になります。血液検査の結果がでるのに、少なくとも2時間前後かかります。結果を確認してからの手術になります。
イメージとしては、朝に診察・術前検査・手術の流れの説明、昼前後に手術、夕方帰宅という流れになります。
遠方からの受診なのですが?
2日間の場合
1日目 朝10時までに来院、診察、術前検査(採血・胸部レントゲン・心電図など)
   昼前後から手術
   夕方帰宅
2日目 お好きな時間に再診(朝一でも可能)
   土曜日に手術の場合は、手術翌々日の月曜日になります。

3日間の場合
1日目 16時までに来院、診察、術前検査(採血・胸部レントゲン・心電図など)
   昼前後から手術
   夕方帰宅
2日目 朝から昼過ぎまでの間に手術(調整可能です)
   朝早め手術 → 昼前に帰宅
   昼前後の手術 → 夕方までに帰宅
3日目 お好きな時間に再診(朝一でも可能)

土曜日に手術の場合は、再診日は、手術翌々日の月曜日になります。

※経過確認のため、その後約2週間から1ヶ月後の再診が必要になります。
※手術・麻酔ですので、不測の事態はゼロではありません。また上記の状態を必ずしもお約束する訳ではありません。あくまでも、一つの目安としてお考えください。
提携しているホテルはありますか?
ザ・レジデンシャルスイート・福岡様と提携しております。
【住所】福岡市早良区百道浜1ー3ー70
【電話番号】092-846-8585

予約時に 「ふじもとクリニックからの紹介」とお伝えください。特別価格での宿泊が可能です。
ホテルまではクリニックよりタクシーで10分程度です。
pagetop

© FUJIMOTO CLINIC