ご予約はこちら

ふじもとクリニック

  • 〒814-0012 福岡市早良区昭代3丁目5-20
  • 092-407-0970

ブログ

Blog

ふじもとクリニック

陥入爪について

陥入爪とは、爪が足の皮膚にくいこむことで、痛みと炎症をおこす状態のことです。

 

場合によっては、赤くはれるだけでなく、感染をおこしたり、不良肉芽を伴うこともあります。

 

靴のサイズがあっていなかったり、深爪をしたりすることが原因になることが多いといわれています。

 

 

当院では、局所麻酔下に、陥入爪の手術をおこなっています。

 

まず、陥入爪を起こしている趾の付け根に局所麻酔をおこないます。

 

当院では、麻酔薬が注入される時の痛みを、なるべく少なくするために、

「酸性の局所麻酔薬に、アルカリ性のメイロンという薬剤を混ぜて、中性に近づけた状態にする」

ことをしています。

 

麻酔が効いたのを確認したら、くいこんでいる爪を細くきります。場合によっては、爪の根本(爪根部)の部分を含めて切り取ります。

 

その後、再度爪が生えてこないように、爪母の部分の処理をおこなうこともあります。

 

不良肉芽は切除します。不良肉芽が大きい場合には、皮膚と爪を縫合することがあります。

 

その場合、抜糸は、10日後くらいにおこないます。

 

pagetop

© FUJIMOTO CLINIC