ご予約はこちら

ふじもとクリニック

  • 〒814-0012 福岡市早良区昭代3丁目5-20
  • 092-407-0970

ブログ

Blog

ふじもとクリニック

鉄欠乏性貧血とオーソモレキュラー療法(栄養療法)について

一般的な血液検査で、貧血を指摘されいない人でも、血清フェリチンの値をはかってはじめて、

貯蔵鉄が低く、鉄欠乏の状態であるとわかることがよくあります。

 

鉄欠乏があると、特異的な症状は乏しく、様々な不定愁訴と関係してきます。

 

例えば、

 

・動悸

・めまい

・肩こり

・頭痛

・冷え性、寒がり、体温が低い

・氷を好む

・のどの違和感

・皮膚のトラブル

・爪の変化、もろくなる、縦にすじがはいる、扁平化など

・舌乳頭の萎縮

・日焼けしやすい

・妊娠・出産・授乳後の急なシミの増加 (カタラーゼ活性低下)

・風邪をひきやすい、免疫力がさがる (白血球の機能低下)

・あざになりやすい、内出血になりやすい、傷の治りがおそい

・抜け毛が多い

・睡眠障害

・精神症状 ・・・集中力、注意力の低下、食欲低下、抑うつ感など

・周りの音に敏感になるなど

 

◎発達に関係する症状(小児)としては

・アレルギー症状をおこしやすい

・興奮しやすい

・頭痛をおこしやすい

・姿勢をたもてない

・バランス感覚の低下

・運動機能の低下

 

などがおこりえます。

 

気になる方は、一度フェリチン値をふくむ、血液検査を受けてみてはいかがでしょうか

(こちらの検査は、健康保険適用できます)

 

pagetop

© FUJIMOTO CLINIC