ご予約はこちら

ふじもとクリニック

  • 〒814-0012 福岡市早良区昭代3丁目5-20
  • 092-407-0970

ブログ

Blog

ふじもとクリニック

蜂毒アレルギーとアドレナリン自己注射キット(エピペン)

蜂毒アレルギーとアドレナリン自己注射キット(エピペン)

 

蜂の被害は、夏から秋にかけて多く、被害のピークは8月です。

 

蜂に刺された場所、蜂毒にアレルギーがなければ、刺された場所に痛みやかゆみ、腫れなどが起こりますが、多くは数日程度でよくなります。

 

しかし、蜂毒アレルギーがあると、刺された場合には、アナフィラキシー反応を起こす場合があります。

 

また、過去に刺された時に、局所過剰反応(刺された場所より一関節以上離れたところまで腫れること)になったことがある人が、再度、蜂に刺された場合には、10〜20%の確率で全身症状がでる可能性があります。

 

 

アドレナリンは、アナフィラキシー反応に対して、即効性があるため、第一に選択される薬剤です。

 

 

自己注射をするタイミングとしては、

 

蜂に刺された直後に、吐き気、発汗、めまい、蕁麻疹、震えなど、全身症状が出た場合に、直ぐに注射をするのが望ましいと考えられます。

 

多くの場合は、30分以内にこれらの症状が出現し、重症であればあるほど症状の出現時間が短いといわれています。

 

また、蜂にさされた後、数時間後に再び全身症状が出現する場合もあります。

 

 

 

『アドレナリン自己注射キット(エピペン)を持っていた方が望ましい人』

 

○過去に蜂毒やその他の昆虫によって、アナフィラキシー症状を起こしたことがある人

○蜂の特異的IgE抗体陽性の人(血液検査で判定します)

○林業・木材製造業、電気工事従事者、造園業、ゴルフ場従事者、建設業などの蜂に刺されやすい環境にある人

 

 

 

『気をつけるべき蜂の種類』

 

○スズメバチ類 (オオスズメバチ、キイロスズメバチ、クロスズメバチ)

○アシナガバチ類

○ミツバチ類

 

上記の蜂に対しては、血液検査によって、特異的IgE抗体を測定することができます。

 

 

 

pagetop

© FUJIMOTO CLINIC