ご予約はこちら

ふじもとクリニック

  • 〒814-0012 福岡市早良区昭代3丁目5-20
  • 092-407-0970

ブログ

Blog

ふじもとクリニック

花粉症とオーソモレキュラー栄養療法(ビタミンD)

花粉症の根本的な解決には、ビタミンDの摂取がとても有効です

 

 

「ビタミンDの効果」

 

○免疫の過剰反応を抑える

○腸の粘膜細胞を強化する

○リーキガット症候群を防ぐ など

 

 

ビタミンDの合成には、

○太陽の光をあびること

○サプリメントによる補給をおこなうことが重要です

(サプリメントは、天然素材のものを利用する)

 

 

○血中のビタミンD濃度を測定できます

当院での25(OH)D血液検査は自費診療で、料金は1回4,000円(税別)です

 

血中推奨濃度は、 25(OH)D 50-80ng/mL   とされています

ACAM(AMERICN COLLAGE FOR ADVANCEMENT IN MEDICINE)より

 

 

3ヶ月程度継続して、服用することが必要です

 

 

相乗効果を期待するなら、

 

○ビタミンA・・・ 併用で、ビタミンDの効果は増強します

 

○脂質・・・ ω3脂肪酸(αーリノレン酸、DHA、EPA)  抗炎症作用、抗アレルギー作用

 

○鉄 ・・・ 目、鼻、腸などの粘膜を丈夫にする

 

○亜鉛 ・・・免疫機能の向上になる

pagetop

© FUJIMOTO CLINIC