ご予約はこちら

ふじもとクリニック

  • 〒814-0012 福岡市早良区昭代3丁目5-20
  • 092-407-0970

ブログ

Blog

ふじもとクリニック

臀部(おしり)の粉瘤

臀部の粉瘤は、手術後の安静が重要です。

 

どうしても、座ったりすることで、キズに緊張がかかるので、

他の場所にくらべると、手術後のキズのトラブルがおこる可能性が高くなります。

 

 

一番多いのは、術後数日以内におこる血腫です。キズの下に血液がたまり、

急にキズが痛くなったり、赤く腫れます。

 

 

程度にもよりますが、ひどい場合には、再度キズの部分に麻酔をして

キズをひらいて、血腫を取り除く処置をします。

 

 

血腫が取り除かれれば、キズは治っていきますが、血腫がなかった場合と

比べると、治るのに時間がかかります。程度にもよりますが、数週間かかる

こともありえます。

 

 

ですので、臀部の粉瘤は、手術をする場合には、なるべく小さいサイズの時に

したほうが、手術後のトラブルがおこる可能性を避けられます。

 

 

また、手術後は最低でも3.4日程度は、ゆっくり座るなど、なるべくおしりに

緊張がかからないように意識して行動することが、必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop

© FUJIMOTO CLINIC