ご予約はこちら

ふじもとクリニック

  • 〒814-0012 福岡市早良区昭代3丁目5-20
  • 092-407-0970

ブログ

Blog

ふじもとクリニック

脂肪腫について、脂肪腫の手術について

脂肪腫は、皮膚の下に発生する良性の腫瘍です。

 

単発性のことが多いですが、多発性に認められることもあります。

 

徐々におおきくなっていきます。背中や肩に認められることが多いようです。

 

症状は特にありませんが、皮膚がドーム状に盛り上がり、やわらかいしこりとして触れます。

 

 

治療としては、外科的に摘出します。

 

皮膚を切開したのち、腫瘍を皮膜ごと、周囲の組織から剥離して、摘出します。

 

図のように、サイズが大きい場合は、皮ふを紡錘形に切除することがあります。その方が、術後のキズ痕がきれいになります。

 

サイズがそれほど大きくない場合は、腫瘍の直上を、皮ふのシワに一致するように、まっすぐ切開します。

 

腫瘍を摘出すると空洞ができるので、なるべく空洞が残らないように、皮ふの下を吸収糸で縫合します。

 

空洞が残るとそのなかに血が溜まる(血腫)ことがあります。

 

腫瘍のサイズが大きければ、摘出後の空洞が大きくなるので、ドレーンという細い管を、キズ跡から空洞まで通しておきます。

 

そうすることで、空洞にたまった血液がドレーンを伝わって、外にでてくるので血腫の予防ができます。

ドレーンは手術翌日、もしくは翌々日に抜きます。

 

摘出した脂肪腫は、念のために、病理検査(顕微鏡で組織を調べる)に提出します。結果が判明するのには1週間程度かかります。

pagetop

© FUJIMOTO CLINIC