ご予約はこちら

ふじもとクリニック

  • 〒814-0012 福岡市早良区昭代3丁目5-20
  • 092-407-0970

ブログ

Blog

ふじもとクリニック

熱中症とは

熱中症とは

 

体内での熱産生と熱放散のバランスが崩れて、体温が著しく上昇した状態です。

 

程度にもよりますが、めまい、たちくらみ、生あくび、大量の発汗、喉のかわき、筋肉痛、頭痛、倦怠感、高体温などの症状を認めます。

 

 

重症度に応じてⅠ、Ⅱ、Ⅲ度に分類されています。

Ⅰ度(軽度) … 現場にて対処可能な状態

Ⅱ度(中等症)… 速やかに医療機関での受診が必要な状態

Ⅲ度(重症) … 採血などを行い、入院治療が必要な状態

 

 

熱中症の発症時期は、梅雨が明ける7月中旬から8月上旬にかけてピークがあり、

発症時間は、12時から15時ころの時間が最も多いです。

 

 

熱中症になりやすいのは、気温が高い時だけではありません。

湿度が高かったり、風が弱かったり、地面からの照り返しが強かったりする時も注意が必要です。

 

 

熱中症は、夏の暑い時に、屋外に長時間出ているときに、なりやすいイメージがあります。

しかし、最近は、屋内での発症頻度が増えています。

 

屋内にいるときでも、室温への配慮と適切な水分・塩分補給が重要です。

pagetop

© FUJIMOTO CLINIC